マカオについて

澳門特別行政区はカジノを始めとしたビジネスのほかに、海外起業を行うに適したエリアである、と言えます。

税金

輸入関税が免除されるフリーポートと税負担が低いタックスヘイブンは、ビジネス上で有利な環境です。法人税率は9~12%と低い。さらに1法人、年間MOP200,000までの利益は免税(約2,000,000円) たとえば、法人を2社設立すれば400,000MOP(約4,000,000円)までの利益は免税になることがある。

すなわち合法的な節税となる可能性があると言えます。

立地

香港から約50キロ西の珠江三角州に位置し、東アジアの中心地です。中国の中でも豊かなエリアが珠江三角州であり、さらに飛行機で5時間圏内には約30億人(世界人口の約半分)の人々が生活しています。そのためマカオは地の利がある、と言えます。

中国との経済的な結びつき

マカオは中国の特別行政区であり、経済面でも中国がマカオを全力でバックアップしています。マカオは中国との間に、香港と同様に、経済貿易緊密化協定(CEPA)関係を結んでおり、このFTA(EPAでもある)関係に基づき、マカオ・中国間には輸入関税の免除、投資の自由化などはすでに実施されています。すなわち、マカオ経由で中国ビジネスを展開すれば、さまざまなメリットを享受できます。

また、マカオの経済を支えるカジノの状況については以下をご参照ください。

マカオ基礎データ

観光客の約90%が中国・香港・台湾

01 02

マカオにおけるカジノの歴史

03

カジノの税収

カジノ売上高は伸びており、カジノ税収は政府歳入の60%程度と高い割合を占める
04

マカオのカジノ企業

マカオのカジノを経営する会社は6社、33のカジノが許可されている
05

SJMについて

06

ベネチアンマカオについて

07

ウィンリゾートマカオについて

08

クラウンメルコについて

09

ギャラクシーカジノについて

10

MGMグランドパラダイスについて

11

カジノホテル

デラックスホテルからリーズナブルなホテルまで様々なグレードのホテルにカジノがある
12

ゲーム別売上

バカラが売上の約90%を占め、特にVIPルームのバカラが売上の約70%を占める
13

テーブル数およびスロット台数

スロット台数は多いものの、前述の通り売上のほぼ全てがテーブルからの売上によるもの
14

関連リンク

http://www.ide.go.jp/Japanese/Links/East_asia/macau.html

Copyright© 2011 日本海外起業協会 起業応援 マカオワンセントラルガーデン All Rights Reserved.
Scroll Up